2012年12月25日

あとがき(四国エンデューロ すっぺしゃる 12)

SnapCrab_NoName_2012-12-19_20-13-27_No-00.jpg

前出写真の丸太で転倒。
倒れたバイクのハンドガードに、ヒザから落下。
ニーシンガードの、パッドの無いスキマにガードがヒット。
あ〜痛い痛い...

大阪まで急ぎ帰り家族へ引渡し。
いやぁ、気まずい気まずい(ワラ

s-IMG_0291.jpg

海苔さんのオペは成功してます。
今日の忘年会に来るそうな、大丈夫なんだろうかね?


実は私も少しありまして...

レース中、バイク持って下る途中。
滑りだして止められず、斜面の切り株に尾てい骨強打。
折れてはいませんが、安静が必要とのこと。

これの因果関係は分かりませんが、強度の坐骨神経痛が発症。
マシになりましたが、今日MRIの検査結果を聞きにいきます。

マシンも補修が必要。

私的な事情も相まって、ちょいバイクから離れることになりそう。
せっかくエンジンかかってきたのに残念...

バイクネタがあれば更新します。
(facebookはグダグダ更新中)
ちょっと早いですが、皆さま良いお年をです。
posted by 蒼 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月24日

四国エンデューロ すっぺしゃる 11

海苔さんはスタッフに任せ2周めへ。
初周よりはラインもできたたけど、極悪には変りなし。

途中、黒カワシがクラッチ滑り気味とのこと。
そういえば、愛機もクラッチの調子が悪い。

しかしながら、どないかして周りきった。
でも前出の説明通り、こっから半周(ふた山)走った先が集計ポイント。

極端な罠もないし、チェッカー見えたと確信。
さぁて行こうかと思ったら、半クラがつながんねぇ。
うわぁ、クラッチ逝ったのかと思ったら...

マスタのケーブル元からオイル滲んでる。
投げてハンドガードが動き、ホース折れてオイル全漏れ。
そりゃあ、クラッチの調子も悪なるわ(ダメ

ピットに戻ろうにも、オイルがない。
オイル借りれても、ピットの往復でタイムオーバー。

う〜ん...

ピットに戻るとチェッカー100%無理なので、前進を選択。
自分の腕で一気に進めない難所は、事前に一旦ストップ。
セルと同時に進むバイクを、何とか操作し慎重に前へ前へ。

難儀しましたが、半周半クラなしで何とか時間ギリギリ。
ピンレースでは、2009年パンゲア以来のチェッカーを受けました。
(0.5周で1周扱いなのでリザルト3周)

終わった〜
ピットに戻り、レースが終わった開放感を味わおう...

IMG_0280.jpg

なんて思ってたら、戻った瞬間にバイクの積み込み指示が。
私以外のマシンは、もうトラックに積まれてるし(汗

そう、搬送された病院へ向かうため。
オペの必要ありとのことで、大阪に急ぎ連れて帰ることに。
急いで積んで着替えて、山を下ります。
posted by 蒼 at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レース

2012年12月20日

四国エンデューロ すっぺしゃる 10

ピットには酒ヤンの姿が...

って思ったら、座り込んでる奴が1名。
犯人は海苔さんでした。

ヒザを打ったらしく、歩けない状態のようです。
車開けてオフィシャルに任せ、気にはなりますがコースに戻りました。

そこからレース中に何回止められたことか。
ゼッケン1番の人、知り合いがケガで... ってね。
覚えやすいし忘れないよね、ゼッケン1番(ワラ

SnapCrab_NoName_2012-12-19_20-13-27_No-00.jpg

難所に入る前の山で、確かに海苔さんが止まってました。
(元かもメットカメラに写る一番左)
すでに、この時はアクシデントの後だったようです。
戦わずして何ちゃらですなぁ〜
posted by 蒼 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月19日

四国エンデューロ すっぺしゃる 9

で、下見中にツルハシで削られたステア。
他は何とかしても、ここでリタイアすると思ってた。

だけど、イケちゃいました。

一回投げたけど

ぶっちゃけ、ここは思ってたより難儀せず。
タイヤの方が100倍嫌でした...

201212年末 742.JPG

時系列はバラバラですが、これで1周です。
って、しんどさは文章で伝わらんやろなぁ〜

何とか回れる。
さぁて、2周目行くかって時に止められた。

身内の方がケガしてるから、ピットまで戻って下さい!
えぇぇぇ〜
トランポの鍵を持ってたんで、ピットへ誘導されます。
誰やねん?
posted by 蒼 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月16日

四国エンデューロ すっぺしゃる 8

コンクリの後だったかな?

レース中にギャラリーの会話が聞こえた。
トリッカーってトライアル車だよねって。

形がトラっぽくても本モンとは別モンですから。
重量も参加車両中たぶん最重量ですから。
こんなんに乗ってるから登れると思ったら...
大間違いですから〜

だって、トラ練習ってしたことないし(ダメ
と、心の中で毒を吐きながら次のセクション。

タコ壺ってとこだったけかな?
激下りからキャンバー上りで、左に木で根っこ越え。



ここで、下り待ちでの酒ヤンとの会話。

「ここどうしてる?」
『落としてるで』

なんか、身内も投げてると聞くとホッとする(ダメ
そこにいたライダーが参加。

【えっ、落としていいんですか?】
『周回するってのは、そういうことですわ』

その時、言葉尻は格好良く聞こえたんだけど...
要は投げないと進めないんだよね(ダメダメ
posted by 蒼 at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | レース

2012年12月15日

四国エンデューロ すっぺしゃる 7

次はコンクリステア。
こんな練習したこない。

一周目、投げて偶然クリア。
今回もラッキーがありますように...
アンラッキーが待ってました。

待ってたのは、へなちょこ
こやつの前では、失敗率が格段にUPしてしまう。
っていうか、よくここまで来れたな?

案の定、アタックするも跳ね返されました。
再度アタックもまた失敗。
やっぱりジンクスはいきてたな(汗

ここで私は小休止。
塾長からレクチャーを受けたへなちょこがトライ...

やっぱり、こいつは持ってる。
斎藤佑樹以上に。

登れずスライドしたマシンは塾長の方向へ。
そして、フロントフェンダーの破片が中を舞う。
さすがだ(ワラ

動画(へなの後ろが私)

私には塾長からスピード不足のアドバイス。
こんどは、乗ったままクリーンクリア。
追いつかれないよう前へ進まねば...
posted by 蒼 at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | レース

2012年12月12日

四国エンデューロ すっぺしゃる 6

次はタイヤ地獄。
走る前はノーマークでしたが一番苦労した。
こんなにも進めんもんかね(汗



2回ともチェーン外れて...
琴引に続き、またも元かもさんに助けて頂く。
なんて良い人なんだぁ〜

助けだされた後、声をかけるも先に進む。
なんて悪いやつなんだ...

ここはGEKKOTAいいんだろうなぁ。
チェーンガイドは切断したほうがいいかも。
posted by 蒼 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月11日

四国エンデューロ すっぺしゃる 5

はい、一発目の激下り。
躊躇なく投げます、だって垂直だし。



2周目だったかな。
投げたあと引き上げるとフロントブレーキがカッチカチ。
握ろうとしても握れません。

横に居たギャラリーさんが教えてくれました。
ハンドガードが動いてブレーキホースがひん曲がってます。

ここでお道具袋の出番です!
中から工具を出して...
ギャラリーさんが修正してれました(ダメ
posted by 蒼 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月10日

四国エンデューロ すっぺしゃる 4

毎度のことですが
定時になれば本人の意思に関係なくレーススタート。
他人さまの動画を使わせて頂きます。

エントリ順にスタートなので最前列。
(ちなみにゼッケンは嫌がらせの一番)

飛ばしていけばいいのに
森に入る前には2列目にも抜かれていきます。
だって、下見でやっつけられてたから(ダメ

もう入り口から先まで大渋滞。
やっぱ、頑張っときゃよかったかなぁ〜

タイムロスしつつ森林区間は通過。
ボテ転けなどしつつもですが...
一旦ピット横まで戻ってきます。

この半周で1周扱いになるようです。
しかし、こっからの半周が難所てんこ盛り。
この時点ではバイクも投げずにすんでます。
posted by 蒼 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月08日

四国エンデューロ すっぺしゃる 3

当日7時ロビー集合。
前日呑んでるオッサンにはキツイなぁ〜
元かもさんは現地へ出発済みのようです。

IMG_0276.jpg

表の路面が濡れている。
最悪やな...

美馬IC付近は宿がないです。
脇ICのビジホから高速で現地まで1時間。

行きの道中、黒カワシとタイヤの相談。
トラタイヤかEDタイヤのどっちにするか。
実は話ながら心の中では決めていた。

どうせ周回できんのやったら...
マディでトラやったら言い訳できるな(ダメダメ

そんないらん事考えながら山を登って行くと
だんだん木々が白くなってきた。
積もってるやん、雪...

IMG_0278.jpg

夜中の3時ぐらいから降ってたらしい。
愛機も雪化粧に変わってた。
寒さも厳しく出店の汁すすって車で暖を取る。
ミーティングまであと30分...
posted by 蒼 at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レース

2012年12月07日

四国エンデューロ すっぺしゃる 2

一つセクション見てはタメ息。
次々強烈なので先に見たとこは忘れていく始末。
見ていくたびに絶望感が漂います。
「下りは投げるしかないな」(TEAM MONEYメンバー 談)

コースは去年と別物らしい。
私が出たゲロ系の中で間違いなく極悪。
全く周回できる気がしない
「下見せんかったらよかったわ」(TEAM HAMMERメンバー 談)

塾長の助言でツルハシ持ったスタッフ登場。
さらに斜面を削りにやってきた。

IMG_0269.jpg

「ここ削られたら登れるかなぁ」(泉州チームメンバー 談)

どう攻略ってより見てガックリした下見3時間。
寒くなってきたし暗くなる前に帰宿。
元かもさんを拘束して夜の宴へ。

IMG_0274.jpg

レース前は呑まない信条が、明日は周回不可能と判断。
ジョッキ10杯はいったかな。
ハッハッハ...
posted by 蒼 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月03日

四国エンデューロ すっぺしゃる 1

腕が痛くなってきて疲れて超眠い1日。
レース後やしなぁと思ってたら夕方から鼻水が。
安心したのかガッツリ風邪です...

また写真も画像も無いし
風邪で鼻にティッシュ詰めてるし
テンション上がりませんが...
ブログをさかのぼって、書いてみましょうかね。

昨年、出た身内に誘われるままにエントリ。
雨降ったらトラタイヤOUTとの情報。
24Hの仮面ライダーから、チューブホイールを分けて頂く。

EC20121123114152.jpeg

土の塊がくっついてくるとのこと。
黒カワシにアップフェンダーの板を作成して頂く。

IMG_0264.jpg

そしてお道具袋を装着。
いつになく準備はバッチリOK

s-IMG_0252.jpg

現地には13時に到着。
たぶん初めてじゃないかな?
全コースを徒歩で見て回ったのは。
こっからテンションダダ下がりです...
posted by 蒼 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年12月02日

一人反省会

帰って一段落終了。

ワイン飲みながら一人反省です。

IMG_0283.JPG

今回もドラマが多かったなぁ〜

レポ書きは明日からってことで...

あーしんど。
posted by 蒼 at 22:05| Comment(2) | TrackBack(0) | レース

2012年11月21日

2012琴引マウンテンエンデューロ 最終

レースは終わったものの、進まないと戻れない。
元かもさんと、前走者のアタック待ち。
しばらくして、マーシャルが迂回路を教えに来てくれた。

私が先頭で、4台ぐらい連なって戻る。
しかし、道を間違えたのか細く草も多い。
とりあえず、道は続いてるので前に進んでいく。

しばらくして、下の草は多いがコンクリ道で横にはガードレール。
道幅も広く先も開けてきたので、もうすぐ出口だとスピードを上げる。

そう、必要ないのにアクセル開けちゃった。
ブッシュの下に丸太発見するも、手遅れで数メートル前方にダイブ。
両の手の平を強打、しばらく激痛で固まりました。

__.JPG

レースで無傷なのに、何やってんだか...
右手の方は、一週間ぐらい腫れてましたわ。

道は間違ってましたが、そのまま進んで帰れました。
集計所に戻ってきましたの報告をして、やっとレース終了。

レース結果は168台中85位、完走扱い64台、0周は68台。
2年半ぶりのレースで、1時間以上歩いてたの考えたら...
どうなんだかなぁ〜って結果ですね。

とりあえず、来年も出たいレースでした。
GEKKOTA履いてね。
posted by 蒼 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年11月18日

2012琴引マウンテンエンデューロ その10

出てたんだろうか?
去年、お助けしたので助けてねってオーラが(ワラ

元かもさんは良い人です。
手伝いましょうかってバイク止めて来てくれました。

ちなみに、私は身内がハマってても見捨てる悪人と...
もう長いこと言われます(汗

クリアなとこまで引っ張ってもらいました。
いやぁ、助かったホント。
元かもさんは大丈夫だよね、人を助けてくれるぐらいなんだもん!
で早速、悪人は先に進みます。

たぶん、このへんでチェッカー時間だった気がする。
完走扱いまで残り30分。
急ぎたいのに、ここからは下り続きで数々の転倒。
気がつけば、元かもさんと前と後ろを行ったり来たり。

少し先に冠水してる轍ポイントが。
前走のライダー見てると、轍に落ちるとやっかいそう。
私が先行してたので、轍のヘリに上がりクリア後に元かもさんへ情報共有。

で、振り返って見ると落ちてらっしゃる...
さすがの悪人も、ここは恩義を返さねばと戻りお助け。
二人で引っ張りだして、遅い歩みを進めます。

どこぞのヒルクライムに到着。
前走者のクリア待ちに時をみると、ここでタイムアップ。
残念ながら完走ならず決定...
posted by 蒼 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年11月13日

2012琴引マウンテンエンデューロ その9

1周目は車列に着いてったんで問題なし。
でも、今回は前に1台も走ってない。

おそらく、1周目に走ったであろうラインをトレース。
間違ってた...
ここで、前に進めばチェーンスライダが内に曲がり、チェーン外れ。
後ろに下がりチェーンをはめるも、また外れを3回ぐらい繰り返しただろうか。

独りもがいてる大きく左を、岩なんか関係ないラインでバイクが走ってく。
おいおい、そもそもロック行かんでええんかいな(汗
ってことは、ここ走ってんのは下見してない組か、苦行好きなドM野郎じゃん..

時計を見た時に、もうタイムアップかなってのは覚えてる。
でも、どうにも一人じゃならん状態になっちまった、体力的にも。
どうしたもんかと考えてたら、後ろに見た顔の方がロックの入り口に。

去年も出てた、元かもしかさん。
実はS字上りから、抜きつ抜かれつしてたんですが、追いつかれたようです。
あぁあぁ、もとい、しめしめ(ワラ
posted by 蒼 at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レース

2012年11月08日

2012琴引マウンテンエンデューロ その8

そう、脳内イメージでは行けてた。
なぜなら1周目、ここは特に難儀と思わなんだから。

でも、現実は2mぐらい登ってコテン。
尻尾を巻いて溜まり場に引き返して気づく。

話には聞いてたが、まさかここで初体験とは。
独り登山の間に、路面はドライからマディに激変。
やっぱり雨のトラタイヤはダメなんですね...
前輪は真っ直ぐ進まねぇし、後輪はトラクションしねぇし。

1周目のラインからは、大きく変えて何とかクリア。
このあとも、登るの下るも四苦八苦。
ヒルクライムは草場でスタンド立てて、タイヤ浮かしてアクセル開けてドロ排除。
下りは今まで経験ないほど、嫌んなるくらい転倒。

それでも、前に進めないことはなかったんですが...
なんて名前のセクションだったかな。
ロックの長い下りで、歩みが止まっちまいました。
posted by 蒼 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年10月23日

2012琴引マウンテンエンデューロ その7

それまでの天候が一転
黒い雲が出てきて急なスコール。

これが、またやまない。
パンツまボトボト、斜面も滑りやすい。
さらに体力が奪われる。

何回休憩したんやろ?
ようやくバイクまでたどり着く。
ちなみに標高664m、歩いた高低差120mだったようです...

SnapCrab_NoName_2012-10-23_19-48-26_No-00.jpg

登山で終われないので、休む間なく作業開始。
この頃になると、さらに雨は本降り。
緩みを締め、雨が入らないようにオイル補充完了。
とりあえずガッチリ効く、エア噛みもないみたい。

幸か不幸か、前に進む段取り完了です。
残り時間をみる余裕もなく、目の前のS字上がりを登っていきます。
posted by 蒼 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年10月22日

2012琴引マウンテンエンデューロ その6

行きはよいよい帰りは...
これを地で行くことになりました。

トランポまで直線距離で750m
実質800m以上あるのかな?
もっとも、この時は山から見える小さな点でしたがね。
とりあえず、徒歩9分で行けないのは確かです。

SnapCrab_NoName_2012-10-17_0-25-14_No-00.jpg

格好が格好なので、楽とは言えませんが行きは下り。
まぁ、歩いたなぁ〜って感じで下山。

しげじいトランポを物色し、ブレーキオイル発見。
パーツクリナー、プラスドライバー、六角レンチetc
必要そうなものを、ウェストバックに詰めて出発!

帰りは地獄。
何歩進んでも全然距離は近づかない。
しんどいのが増すだけ。
一人だけの登山ゲロレースがスタート...
ぶっちゃけ、レースよりしんどかった(汗

第1ゲレンデを半分登った頃
さらに、次の試練が始まったのです。
posted by 蒼 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レース

2012年10月17日

2012琴引マウンテンエンデューロ その5

ちょうど1周したとこで、酒ヤンにラップされる。
速いなぁ〜(パンペーラは ワラ

大きなロスもなく機嫌よく走行。
でも、半分ぐらい走ったとこでトラブルはやってきた。

フロントブレーキが効きませぬ。
もうスカスカ、どうにもなりませぬ。

ニギニギするたびドクドクとオイルが出ていきます。
マスターとホースのジョイント部分から。
ブッシュじゃなくてそっちか...

さぁて、困ったもんだ。
止まった場所が最悪でゲレンデの結構上の方。
(17 S字上り)
とてもじゃないがブレーキ無しでは戻れない。

img_283064_53288518_0.jpg

シメシメ、やめる口実できたわぁ〜
と考えるのは早い、レースはまだ前半...

でも、ブレーキオイルは持ってきてない。
戻っても無駄足になると困るので、ここで身内が来るのを待つ。
でもゲロレース、これが来ないんだなぁ〜

どれくらいだろ、20分は待ったのかな?
しげじいが来たので聞いてみると、トランポに積んでるとのこと。
やっぱりね... そうだと思ったよ...

一応、助かったと言うべきなのか。
ピットに戻るの確定、こっからが大変のなです(汗
posted by 蒼 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース